2010年03月26日

指導法講座

最近は、富山・金沢の楽器店が、カリスマピアノ講師といわれる先生をお呼びしてピアノ指導法の講座を企画してくださいまするんるん

楽器店に行く度に新しい楽譜・メソードが出版されているのですが、ピアノの先生が書かれているメソードも多くなってきました目

これまでの指導の中から「これはイイ!!」というのをまとめてあるのですが、本だけみても、どう使うのか私にはイマイチわからないものも多くあせあせ(飛び散る汗)

ところが、その先生やその本を何十年も研究している先生がが来てくださって、「こういう思いで、こういうふうに使うと、こういうことができるようになるのよ」とお話して下さると、同じ教材を使っているのにその日から私のレッスンが変わるんですかわいい(笑)

教則本も「楽譜の通り音符を弾いて強弱つけてハイ合格」だった私が習った時代と「いい手の形でいい響きの音で」「調性は?拍子は?テンポは?どんなタッチ?フレーズの終わりはどこ?頂点はどこ?」などなどなどひらめき
実は考えること、教えなきゃいけないことは山ほどありますダッシュ(走り出すさま)


昨日今日と講座に行ってきましたるんるん
導入期を得意としている先生ですかわいい
楽譜はものすごく簡単なのに、内容は深いぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

その先生曰く、
「簡単なうちに突っ込んでおかないと、難しい曲になって突っ込めないでしょ」
「動く指を作っておかないと、表現しようと思ったって、コントロールできないわよ」


まさにその通りですダッシュ(走り出すさま)

今日からさっそく実践ですexclamation×2

有言実行パンチパンチパンチ
posted by のとピレ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36698322
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック