2010年03月09日

ショパン生誕200年石川県縦断コンサート

2月28日穴水会場、3月6日七尾会場、子どもたちの演奏もプロピアニストの演奏も本当にすばらしかったです!!


よく耳にする曲もたくさんあるし、同じ曲を違う人が演奏すると違った解釈もあっておもしろかったり…
若林さんと高田さんの英雄ポロネーズはずいぶん違った印象をうけましたが、どっちがいいとかではなくこういう弾き方もあるんだなぁと興味深かったです。

七尾のプログラムにはNOTOコンのショパン部門のチラシが挟んでありましたね!

詳しいことは今週末に要項が発表されるので楽しみです♪


14日はNOTOコンの入賞者演奏会、珠洲のコンサート、17日はOEK七尾定期、21日は七尾市民音楽祭、28日は輪島のコンサートと、毎週何かコンサートがあります!
能登地区でこれだけコンサートが続くなんて♪

しばらくコンサート三昧で楽しみです♪
posted by のとピレ at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
やはりラ・フォル・ジュルネ効果でしょうか?
来場者が多く、盛大なコンサートでしたね。

それにしても・・・ 

緊張の面持ちで登場の子供たち
多くの聴衆のなか みんな立派に奏でていましたね♪
ピアノに向かうその姿は
『ピアニスト』そのものでした。
とても素晴らしかったです。

次回の輪島公演では、NOTOコン審査員を務める近藤さんがゲスト。

またまた 新しい『英雄ポロネーズ』が聴けるなんて、嬉しいです。
 
Posted by はるママ at 2010年03月17日 16:18
はるママさん

いつもありがとうございます(*^_^*)

本当に今年はショパンショパンショパンですね!

同じ曲を違うピアニストで…

これほど短期間でイロイロ聴き比べるチャンスも滅多にありませんね!5月のラフォルジュルネのチケット販売も始まりましたし、いくつかの公演で曲目が被っているものもありました☆

この機会に楽しんじゃいましょう\(≧▽≦)丿
Posted by HP担当 at 2010年03月18日 02:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36170676
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック